RECRUITING BLOG

新卒採用ブログ

WEBアナリストの仕事

はじめまして。ビジネスエンジニアリングコース(セールスマーケティング)所属の川上です。

本日はセールスマーケティングの「WEBアナリスト」の仕事についてご紹介いたします。

 

★これが私の仕事

WEBサイトにどれぐらいの人が来て、何回ぐらい見てくれたのか?何か特筆すべき行動をしていたか?

特筆すべき行動をしていた方は、どんな特徴があるのか?と言った事を分析しています。

また、さらにWEB上だけでは無くCMやオフラインでのイベントとの連携、システムトラブルの影響調査等も。

更にそれぞれの分析から得た示唆を、WEBサイトの改善提案やマーケティング活動への提案という形で価値発揮します!

 

★だからこの仕事が好き!

今まで誰も気づいていなかったWEBサイトのボトルネックを分析から発見、改善提案することで実際に利益に貢献できたことですね。

また、その実績から新規WEBサイト分析の設計を行わせていただきました。自分が行ったアクションに対して、さらに案件が広がることは

組織貢献ができてやりがいに感じています。

 

★ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

未経験からでも学べる環境があり活躍の場を選ぶチャンスがある事、スローガンに惹かれた事です。

元々未経験から中途入社で入社し、言わば新卒同然かそれ以下の知識レベルで入社しました。

それでも研修や配属先での育成プログラムを経て結果を出すことができ、今は別の専門分野へ異動することができました。

また、「はたらく楽しさを、いっしょににつくる。」というスローガンと施策に共感し、自分自身がやりたい事や考えている事と一致していたからです。

 

★最後に・・・

大事なことは、10年後、20年後の自分が何をしていたいのかであったり、はたらく上での自分自身の信念や譲れないものだと思います。

それが本当に受ける会社とマッチしているのか?自分のやりたい事と会社のやりたい事、会社の顧客がやりたい事が一致するのか?それを考えてください。

グループ経営推進のためのインフラ構築

はじめまして。2010年新卒入社 ワークスタイルコンサルティングコース所属の甘粕です。

本日はコンサルタントの仕事をより多くの学生に知ってもらいたいと思います!

 

★これが私の仕事

私は現在、IBSやインテリジェンス、テンプスタッフなどの会社が所属している「パーソルグループ」の人事コンサルをしています。

パーソルグループとしての経営情報基盤が整備されておらず、非効率なバックオフィス業務によって、グループシナジーの推進が阻害されていることから、グループ経営推進のためのインフラを構築するプロジェクトに参画しています。

その中での私の担当は、社員が勤務した実績を登録するシステム(勤怠システム)について、各社それぞれに合った仕様を検討し、その使い方をマニュアルとして作成・展開することです。
今回のプロジェクト規模は大きく、何十社にも影響が及ぶものとなるため、実際に運用するユーザーの目線に立つことを心がけて、業務プロセスを設計しています。

プロジェクトを推進していくに当たって、多数の関係者と調整が必要となり、非常に苦労する場面が多いですが、その分やりがいある仕事だと思います。

 

★だからこの仕事が好き!

すでに決まっている業務を行うのではなく、業務そのものを設計できることこそが、何よりもこの仕事の魅力だと考えています。
自分自身が感じたことをフィードバックして、その声がシステムや業務プロセスとして反映され、実際にユーザーに使ってもらえる。絶対的な正解がない仕事だからこそ、そこにやりがいがあると感じています。

 

★ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

私が就職活動をしていた時は、2つの軸を持って会社選びをしていました。
・一つ目は、成長できる環境(様々な業務を経験できる環境)があること。
・二つ目は、会社が掲げる理念に共感できること。

一つ目については、配属先によって様々な業務を経験できることや、他の部署へ異動できる環境が整っていることから、成長できる環境があると判断しました。
二つ目については、海外留学の中で”日本の働くに対する考え”を少しでも変えたいと感じ、その想いがまさに会社が掲げる理念と合致し、この会社なら実現できると考えました。
上記2つの軸を満たしていたこと、さらに出会った社員の方々に魅力を感じたことから、この会社に入社することを決めました。

 

★最後に・・・

「自分が、将来何をしたいのか?」をいくら考えてみても、なかなか答えは見つからないと思います。

私自身もそうでした。

本当の自分の気持ちを知るためには、一番は経験してみることかなと思います。
そのためには、自分が働く会社を選ぶ際、自分のやってみたいことを色々と経験できる環境があるかどうか、

を一つの基準にしてみるといいかもしれません。

試行錯誤の中でこそ、自分が求める答えを得ることができるのだと思います。

 

ゼロからゴール後までお客様に立ち会える

こんにちは。2016年新卒入社 ビジネスエンジニアリングコース(セールスマーケティング)所属の今村です。

 

★これが私の仕事

IBS自社サービスであるPOS+ポスタスの営業活動を行っています。主に新規案件の開拓や既存顧客の対応になります。
新規案件開拓のために私が行っているのが、電話でセールスをかけるテレマーケティングや直接お客様先に訪問して商材を認知して頂く飛び込み営業です。
そこで商談のアポが獲得出来ると、実際にお客様先に訪問をしてPOS+をご紹介、さらに商談が上手く進めば受注といった流れになります。
受注後はPOS+の設置作業の立ち合いやレクチャー、マスタ情報の摺合せ等、お客様の窓口となりPOS+の利用をご支援していきます。
案件化から受注・運用まで一気通貫で、営業としてお客様の対応をしております。

 

★だからこの仕事が好き!

POS+は高性能なPOSシステムですが、POSシステムを売り出す会社は沢山存在しています。
お客様に対し、ゼロから営業が1にして、それを100にして初めて営業としての仕事が認められます。
やはりゼロからのスタートのため受注という100の結果が出せた時の達成感は良いものです。

最初から最後まで立ち会えるのは自社サービス営業の魅力の一つだと思います。
100に達するまでお客様先に足しげく通い、受注・運用に繋がった自分のお客様から「今村さんは信用できる営業マンだ。」とお言葉を頂いたときは非常に嬉しかったです。

 

★ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

人事の方が綺麗だったので入りました。(笑)
自分が就活を行っていた頃、別の業界から目線を移してからの就活だったため自分がビジネスマンとして成長できるところであればどこでも良いと考えていました。
友人に誘われIBSの説明会に初めて行き、説明をされた人事の方が美人な方でなんて華やかな会社なんだと興味を持ってしまいました。
説明会を聞き進めると1年目から活躍できる場がある会社であること、社員のチャレンジを応援してくれる会社であることが判り、成長を求めていた自分にとって非常に興味深い会社でした。
何より決定的となったのがその後の面接だと思います。
面接で担当して頂いた社員の方々が皆仕事を楽しんでおり、また自分の業界違いの夢に対しても応援して下さり、今後どうして行けば良いかという話までして頂けました。
この人達の下で共に働きたいと素直に感じたのがキッカケだと思います。

 

★最後に・・・

素の自分を受け止めてくれる・認めてくれるところに行くべきだと思います。自分を偽って入ってしまうと、入社後に後悔します。

営業という仕事のやりがい

はじめまして。2015年新卒入社 ビジネスエンジニアリングコース(セールスマーケティング)所属の野上です。

はたらくイメージをつけていただくために、私の仕事を紹介します!

 

★これが私の仕事

クライアントのお客様(エンドユーザー)様からの電話でのお問合せを受けることです。
お客様の現状や、要望・実現したい環境について詳細をヒアリングし、最適なサービス提案を行います。
お客様の要望に対して、複数あるサービスの中から、最適だと思うサービスを提案し、受注に繋がった時はとても嬉しく、もっと頑張ろうと自分への励みにもなります。

 

★だからこの仕事が好き!

先輩から引き継いだ案件で、大型受注に繋がり、プロジェクトに貢献できたことです。
先輩から任せて頂いた仕事を、しっかりと成し遂げることができた喜びと、大型案件としてチームに貢献できた喜びが二重でありました。

営業というと、「個人プレー」と思いがちですが、IBSの営業は「チームプレー」です。仲間がいるからこそ、喜びも共感でき、達成感も倍になります。

だからこの仕事が大好きです!

 

★ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

面接にかける時間と、「私」という個人を理解してくれたことです。
二次面接を一時間もかけて行ってくれる会社は他にはありませんでした。

それから、私という個人を理解してくれて、性格や面接に対するフィードバックも頂きました。

ありのままの自分を理解してくれる、このIBSで働きたいと思うことができました!

 

★最後に・・・

就活を始めたばかりの頃は、やりたいこともわからずこの方向でよいのかもわからず、常に迷っている気がしていました。
しかし、自分に嘘をつかず、「これだ!」と思った方向に進んでいくことで、自分がやりたいことを見つけることができました。
周りに内定者が出始めると焦ることもあるかと思いますが、最後まで諦めず、妥協せず進んでいってください。自分の信念を貫けば、「自分はここで働きたい!」と思える会社にいつかきっと出会うことができます。

期待をいい意味で裏切り、評価されたこと

こんにちは。2013年新卒入社 ビジネスエンジニアリングコース(インフラエンジニア)所属の三枝です。

本日はインフラエンジニアの仕事についてご紹介したいと思います。

 

★これが私の仕事

「IT業界」というと学生の皆さんは開発言語を用いてアプリケーション等を作る仕事を真っ先に思い浮かべるかもしれません。
ですが、私の仕事はそのイメージとは少々違います。A機器とB機器の通信を通るようにしたり、特定の場所からのアクセスを遮断し、セキュリティを強化したりとIT環境におけるネットワークインフラの基盤の設定を行うのが主な業務です。いわゆるネットワークエンジニアと呼ばれる仕事をしています!

ビジネスエンジニアリングコースの中でもITの専門知識が必要とされる難易度の高いプロジェクトです。

 

★だからこの仕事が好き!

元々たいした技術力もないのに、比較的技術レベルの高い部署・現場に配属となり、不安がありました。
しかし、働いている中で柔軟に知識を吸収していき、元々持っていたビジネススキルや業務改善の動き・仕事の早さ・コミュニケーションスキルなどを評価され、現場の中でもさらに難しい業務を任していただいたことです。
異動以外にはなかなか違った仕事に挑戦する機会はないと思っていましたが、現場の中でも出る杭には柔軟にその人に合ったもしくは少しレベルが高めの仕事を用意し、それを任せてくれるところはこの会社のいいところかと思います。

 

★ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

この会社の少し前に受けた堅そうな会社の面接で、「趣味は?」と聞かれたので、真面目に「アイドルが好きです」みたいな事を話したところ「ふざけているの?」となぜか面接官から大叱責されました。しかしIBSの面接に行ったとき、同じように「なにか好きなことある?」と聞かれ、前回の大叱責から就活に対し委縮しきっていた私は「読書です」のようなテンプレートの回答をしたところ、「いやいや、もっと好きなことあるでしょ?」ときっちり嘘を見抜かれ、正直に答えたところ「そういう面が見たいんだよ!」と言ってくださり、グンとこの会社が好きになったことを今でも覚えています。最終的に、堅いイメージな所では自分が息苦しいだけだと感じ、どうせなら楽しくフランクな会社がいいと考え、この会社に入社を決めました。

 

★最後に・・・

学生の就活は色々な企業や業界をクリアな視点で見れる唯一の機会だと思います。初めから興味があるところはもちろん、ちょといいかもな~ぐらいの業界や企業も時間の許す限りたくさん見てみてください。そこで得た情報は、社会人になってきっと役に立つ日が来ると思います。

長時間労働削減プロジェクト!

こんにちは、2015年新卒入社の笠原昂大です。本日は、私の仕事についてお話したいと思います。

現在、私はワークスタイルコンサルティングコースのワークスタイルコンサルティング領域の仕事をしています。

★これが私の仕事

その中で、長時間労働削減というテーマのもと、お客様先で時短に関する取組や、人事制度改定に関する支援を行っています。

私の役割はPMO業務(プロジェクト・マネジメント・オフィス)として、業務を円滑に遂行するために業務の進捗管理やお客様と

メンバーとの連携、時には自らも手や頭を動かして日々働いています。

 

 

役割上、倍ほど年が離れているお客様相手に「○○の件、進んでますか?」など催促することも多いので、

最初はやりづらいと思いましたが、今ではお客様ととても仲良くなり、良い関係を築けています!
また、お客様との接点が一番大きな役割のため、お客様から仕事を任されることが多く、

任された仕事を期待以上に応えることができた時が大きなやりがいとなっています。

 

★だからこの仕事が好き!

時短取組として来期の残業時間を削減するためにシミュレーションをしてくれ、という仕事を新卒ながら一人で任された笠原。

わかんねーと思いながら悶々としながら作成し、一度目にお見せした時はかなりのダメ出しを受けました。

かなりへこみましたが、その後あきらめずに何度もイメージの擦り合わせをお客様と重ね、エクセルの関数等を使いこなし、

ようやく完成した資料をお見せした際に、「素晴らしい!ありがとう!」と大きな、そして力強い声で言われたことが、

私が社会人になって一番うれしかった経験です。
その後、そのシミュレーション結果を実際にお客様先での経営会議の資料として利用していただき、更にうれしかったです。
諦めずに頑張った甲斐が報われたことが、今後の社会人人生の中で大きな糧になりました。

 

★ずばり!私がIBSに入社をした理由

会社のスローガンに共感し、一次面接に参加した私は順調に選考を進め、最終面接までこぎつけました。
しかし、最終面接で自身のことを深堀りされたり、今後の自身のビジョンについて深堀りされたりし、うまく言葉にできず、

「あ、落ちたな」と思いました。でも、そこで面接官から言われた言葉は「もう一回最終面接やろう」でした。

 

さらに、人事の方から「一緒に自己分析やろう!」と言っていただき、自己分析をやり直しました。
その後、2度目の最終面接に臨み、無事内定をいただくことができました。
多くの企業が学生との接点が少ない中、1時間の面接を毎回行い、さらに上記のような対応をしていただけたことで、

この会社は人を大事にするのだと強く惹きつけられ、入社を決意しました。

 

★最後に・・・

自分のやりたいことを明確にすることが、自分らしい就職先を見つけるための近道です。
また、就職活動は企業から選ばれる場というわけではなく、自らが企業を選ぶ場でもあります。自身のやりたいことを面接で話して、もし落ちてしまったら、「この会社ではやりたいことはできなかったんだな」というくらいの気持ちで就活をすればよいと思います。内定をゴールにせずに、自分らしい企業・働き方に出会ってください!