• IBS Global Bridge

グローバル
チーム型
開発モデル
とは

オフショア開発ではない
「グローバルチーム型開発モデル」

グローバル共通の開発手法、ICT基盤、言語(英語)を通じて、
エンジニア同士が密に連携・協働し、品質の高いITソリューションを
最適な費用で実現します

オフショア開発ではない
「グローバルチーム型開発モデル」

グローバル共通の開発手法、ICT基盤、言語(英語)を通じて、エンジニア同士が密に連携・協働し、品質の高いITソリューションを最適な費用で実現します

グローバルチーム型開発モデルとは

高品質を担保しながら、コスト効率の最大化、柔軟な体制構築を実現

従来のオフショア開発モデルでは、プロジェクト内に日本と委託先企業の橋渡し役(通訳者)となるブリッジSE(BSE)を配置し、開発を進めますが、言語・商習慣・文化等が異なるため、要件・仕様の認識相違が発生し、多くの企業で期待するようなコスト削減ができないといった問題を抱えています。

IBSGBでは、グローバル共通の開発手法、ICT基盤、言語(英語)を用いることで、プロジェクトメンバー同士が効果的・効率的にコミュニケーションを図り、更にはスキルの高いエンジニアが密に連携・協働することで、品質の高いITソリューションを最適な費用で実現します。

モデル図

グローバルチーム型開発
モデル 3つのメリット

メリット1高品質なITソリューションの実現
国内外のエンジニア人材ネットワークを通じて、お客様の課題解決に最適なプロジェクトチームを編成します。 希少性の高い技術領域についても、グローバルネットワークから優秀なエンジニアを選抜し、IBSGBのエンジニアとワンチームで開発を進めることで、お客様要件に合致した品質の高いITソリューションを提供いたします。
メリット2柔軟な開発体制の提供
グローバル共通の手法、ICT基盤 (英語)を活用することで、オンサイト・オフショア・ニアショアのエンジニア達が円滑にシームレスに協働できます。プロジェクトの規模/作業工程/作業地域に応じて、柔軟な開発体制の提供が可能です。
メリット3投資対効果の向上
コスト効率の高い海外の優秀なエンジニアと、要件定義からシステムテストまで幅広い工程で協働し、同時に大規模基幹システムの開発で培った品質管理のプロセスを活用することで、開発プロジェクトの手戻り工数を最小化し、生産性を向上させます。

業務システム等の開発から、
保守・運用までをトータルで支援

「グローバルチーム型開発モデル」を活用し、これまで、利用ユーザ数が数万人規模の大規模業務システムや、WEBサービス、モバイルアプリの企画・開発・テスト・導入から、 保守・運用までのシステムライフサイクルをトータルでサポートしてまいりました。豊富な知見やノウハウを活かし、お客様のビジネス課題をワンストップで解決いたします。