TOP > ニュースリリース > 2015 > 企業への「ワークスタイル変革」導入・定着支援サービスを開始

ニュース

1月29日 新サービス

企業への「ワークスタイル変革」導入・定着支援サービスを開始

テレワーク導入など支援で、人口減・女性活用見据えた多様なはたらき方を実現

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役兼社長執行役員:長井 利仁、以下IBS)は、企業における「ワークスタイル変革」に向けた制度導入および定着支援サービスを開始致します。

「ワークスタイル変革」とは、在宅勤務やサテライトオフィスでの就業など、会社の事務所以外で勤務する「テレワーク」の導入や、スマートフォンやタブレットといった外部端末の活用など、従来にはなかったシステムを利用した柔軟なはたらき方を導入する動きです。本サービスでは、この社内導入および定着化を目指す企業に向けて、現状分析、制度やツールの導入支援、運用の定着化までを一貫して支援いたします。

背景

~ 子育て・介護への対策として注目されるテレワーク  国としての目標値も設定、ますます注目集まる

少子高齢化を受け、従業員の介護や子育てと仕事の両立実現は、企業および従業員にとって喫緊の課題となっています。こうした課題解決手法として、テレワーク導入や外部端末の活用など、事業所の所在に左右されない柔軟なはたらき方の導入が広まりつつあります。また介護や子育てだけではなく、出張の多い従業員や障がい者のはたらき方の一つとしても、こうしたワークスタイル変革が注目されています。

安倍政権は2013年6月、週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカーを、2020年に全労働者数の10%以上にすると宣言。国政としても、こうした変革を推し進める動きが始まっています。

一方で、ワークスタイル変革には、システム導入のみならず、労務管理や情報セキュリティ、就業規則の見直しなど多くの負荷が発生し、企業にとって導入の壁となっています。また導入後も、制度活用および定着にむけた継続的な支援も必要となるため、導入に踏み切れなかったり、実施後に社内で根付かなかったり、と課題を持つ企業もあり、専門的なコンサルタントによる支援が求められています。

概要

本サービスでは、まずは就業規則や保有システムの機能などを現状分析。そのうえで、目指すワークスタイル変革に合わせた制度変更やツールの提案、その導入から定着までを専門コンサルタントが一貫して支援して参ります。また既にシステムや制度を導入しているものの、活用に至っていない企業に対しても、社内での活用施策を提案、支援することも可能です。

制度やシステムの導入支援に留まらず、サテライトオフィスの導入に際したビデオ会議、認証システムの導入など、企業の目指すワークスタイルに合わせた様々な提案もオプションプランとして提供します。

IBSでは、システム開発やコンサルティング事業はもちろん、自社への「ワークスタイル変革」導入で得た豊富なノウハウを活かし、導入から運用定着までを一貫してサポートすることで、個人における多様なはたらき方の実現、企業の一層の発展を支援して参ります。

関連URL:http://www.ibs.inte.co.jp/service/hitosolution/work-style-solution/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インテリジェンス 社外広報担当
TEL:03-6385-6829
E-mail:pr@inte.co.jp

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について

http://www.ibs.inte.co.jp/

IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業インテリジェンスのグループ会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。インテリジェンスグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

スローガン&ステートメント

「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」
私たちの仕事は、効率の良いシステムをつくるだけではいけない。
高度なITサービスを提供するだけではいけない。
何より、そこではたらくひとりひとりの気持ちを 高めていくこと。
それがやがては、会社の生産性さえも、 飛躍的に高めていく。
インテリジェンス ビジネスソリューションズ は、そう信じています。
業務効率化、 高度なIT支 援、そして、 人材ノウハウ。
私たちは三位一体のサービスで、お客様の組織力向上に尽くし、
はたらく楽しさを、いっしょにつくっていきたいと願っています。

TOP