TOP > 採用情報 > キャリア採用 > 役員紹介 > 大塚 勇介

役員紹介

若いうちから難易度の高い仕事に関わり、良い仕事することで顧客とともに成長ができる。執行役員 大塚 勇介

大塚さんの自己紹介と、現在のインテリジェンスビジネスソリューションズへの
思いを教えてください。

インテグレーション2部とアーキテク トチームを管掌しており、当社の技術力・実行力を高めていくことが当面の最大のミッションです。
インテグレーション2部は、インテリジェンスグループ全体に対してITサービスを提供しており、「an」や「DODA」などの外部向けサイトから基幹システムまで多数のシステムの開発・保守・運用を行っています。パーソルグループの一員として、ユーザニーズの実現やサービスレベル向上、ITコスト削減といった様々な施策を実行するだけでなく、アーキテクトチームと連携してインテリジェンス案件を通した新技術導入/ノウハウ蓄積を図り、当社の技術力向上と外部への展開を行っています。
私自身、前職ではITコンサルティング会社でアーキテクトとして活動していましたから、インテリジェンスの情報システムに対するグランドデザインなどを通し、目に見える形でシステムの構造を変え、具体的かつ本当の意味で効果が出せるよう考え続け、そしてユーザ部門と一体となって長期スパンでそれらを計画・実行していくということは、非常にやりがいのあることだと感じています。一緒に仕事をしているメンバー育成の観点からも、今後もこれら取り組みは強力に推進していく予定です。

インテリジェンスビジネスソリューションズはどのような会社を目指していますか?

ポスト・オープン化後のIT業界は、時間が経つにつれて基本部分の成熟化・寡占化が進み、製品だけでなくSIerが提供するサービス内容や謳い文句も類似してきているように感じます。
クラウドやスマートフォンなど、情報システムのあり方に影響を与える新たなテーマに対しては各社対応を行っていると思いますが、基本的には、上流~下流工程まで一貫して請け負える体制(場合によっては下請けによるコスト削減)、オフショア活用によるコスト低減、生産性向上のためのフレームワークやツール活用、OSS活用など、ある程度の企業であれば同じような取り組みをしているはずです。さらに、IT業界の人材流動性の高さによる功罪となりますが、SI企業-担当工程による階層化と年収水準の連動、そしてキャリアアップの目的やプロジェクト/案件単位で人材が移動せざるを得ない業界構造も一定あると感じます。
このような環境においてSI会社として、ひいてはITエンジニア一人ひとりが生き残っていくためには、顧客のニーズの一歩先を読み、ITの専門家として付加価値の高いスキル&ソリューションを提供していくこと、顧客のIT環境や課題を高いコストパフォーマンスで対応できること、さらにメンバー一人ひとりにとっての働きがい&やりがいを達成できる仕事内容・仕事環境が非常に重要だと考えます。
システム開発におけるQCD(Quality, Cost, Delivery)を高いレベルで実行できることはSIerの基礎力であり、これは徹底して追求し続けていく必要があります。当社ホームページに載せているような各種取り組みを通し、若いうちから難易度の高い仕事に関わることでよりよい仕事をし、顧客にバリューを提供できる、顧客とともに成長できる、そんな企業を目指したいと考えています。

インテリジェンス ビジネスソリューションズへの応募を検討している方に、
メッセージをお願いします。

当社はまだ若い・未成熟な会社です。これからさまざまな課題やハードルを超えていかなければなりません。そういう意味で、目的志向の高い方、達成意識の強い方、現状に満足・妥協しない方はさまざまなチャレンジができると考えています。また、自分の専門性を明確に意識して徹底して伸ばしていける方、自分の仕事に自信・自負を持てる方、自分のスキルを生かして顧客や周囲のメンバーの課題を解決していける方は、ぜひこれからのインテリジェンス ビジネスソリューションズを一緒に作っていって頂きたいと考えています。

  • 長井
  • 坪井
  • 浮田
  • 水野
  • 大塚
  • 小野
  • 前田
TOP