TOP > 採用情報 > キャリア採用 > 役員紹介 > 浮田 聡介

役員紹介

社員自らが今携わっている業務が「誰の」「何につながっているのか」「何に貢献しているのか」というとを明確にすることで「はたらくを楽しむ」につなげていく。 取締役 兼 執行役員 浮田 聡介

浮田さんの自己紹介と、現在のインテリジェンス ビジネスソリューションズへの想いを教えてください。

IBSの主要な事業の一つである、アウトソーシング事業を管掌しています。
アウトソーシング事業は、ITアウトソーシング領域、セールスマーケティング領域、新エネルギー領域の3つの事業部から成り立っています。

IBSの特徴は、テンプホールディングス・インテリジェンスに属していることで、「IT」だけでなはい、「ヒト」だけではない、両方のエッセンスを盛り込んだITソリューションを提供することで、競合との明確な差別化につながっていると思います。

インテリジェンス ビジネスソリューションズはどのような会社を目指していますか?

私たちアウトソ―シング事業の強みは、企業成長の主要素である、「売上をあげる」「コストを下げ生産性をあげる」の両方をご支援できること。

お客様の中には、「アウトソーシング=コスト削減」、と捉えている企業様もまだまだ沢山いらっしゃいます。
私たちは「コスト削減」をするだけではなく、「売り上げをあげる」ということもミッションに掲げ、多くの企業様のご支援をしています。

そして何より、IBSのスローガンである、「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」の「いっしょに」というキーワードは、アウトソーシング事業に非常にフィットしています。なぜなら、私たちはアウトソーシングという形で、お客様の一部となって事業成長を支援し、お客様と共に並走・伴走しているという状態を目指しているからです。

ですが、売上アップ力やコスト削減力など、まだまだ足りない部分があるのが現状。
一つ一つのサービスを強くし、様々な新しいことにもチャレンジしていかなければなりません。

その為に、私たちは社内において様々な活動を実施しており、中でも一番重要なことは、社員自らが今携わっている業務が「誰の」「何につながっているのか」「何に貢献しているのか」ということを明確にすることだと思います。
社内では、「ミッション接続」と呼んでいますが、見えにくくなってしまいがちな、「目標」「目的」を明確にすることで、「はたらくを楽しむ」に繋げていきたい、そして、やがてはお客様と共に「はたらく楽しさで溢れる世界」を実現していきたいと思っています。

私たちアウトソーシング事業は、日本の通信インフラや国策など、日本の基幹分野に携わる為、非常に価値のある事業を推進しています。
今後は、更に日本の新しい技術や分野、国の制度改定、国策に対して支援をしていきたいと思っています。

インテリジェンス ビジネスソリューションズへの応募を検討している方に、メッセージをお願いします。

アウトソーシング事業はお客様から学ぶことが非常に多い事業です。
学んだことをお客様のビジネスに活かす、それを繰り返して自己成長につなげていくことができます。
一つに止まらず、様々なことをお客様からインプットして成長したい方にはとてもよい環境だと思います。

また、私たちは「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」を、きれいごとではなく、本気で考えている集団です。
そんな熱い想いに共感できる方とは長く一緒に仕事をしていきたいと思っています。

  • 長井
  • 坪井
  • 浮田
  • 水野
  • 大塚
  • 小野
  • 前田
TOP