TOP > 採用情報 > キャリア採用 > はたらぶ > Discussion

DISCUSSION
Discussion

テーマ「女性のはたらくを考える」

テーマは、「女性のはたらくを考える」。

discussionキャリアや、結婚・出産等のライフステージの変化がある女性のはたらき方について、実際に育児をしながらマネジャーとしてはたらいている先輩ママ社員を交え、悩みを抱えている女性や、結婚・出産はまだだけど聞いておきたい、という社員が集まり、意見交換や先輩ママ社員への質問などを行い、交流を深めました。
実際にどのような質問がされたのか、一部をご紹介します!

先輩ママへの質問と回答

仕事のバランスについて、家事と育児、どちらも中途半端になっています。
仕事も家庭も100%を目指すのではなく、どちらも70%くらいを自分の中で100%と設定しています。そのレベルの中で120%を目指すようにしています。
ずっと子どものそばにいてあげることができず、子どもにとって、最高のママではないかもしれないけれど、それでも、子どもが「お仕事しているママが好き」って言ってくれることがとても嬉しいですね。
産休・育休の復帰が心配です。
自分がはたらきやすい環境は、自分で作ることが大切です。
産休・育休前に、まわりから「この人に任せておけば大丈夫」「この人は信頼できる」ということを思ってもらえるような仕事をして関係性を築くこと。会社に対して自分貯金をしておくことが大切です。
IBS にはまだまだはたらくママ社員が少なくて心配です。
そうですね。まだ若い会社なので、育児をしながらはたらいている社員は少ないですね。そして、IBSははたらき方や制度において、まだまだ課題があると思います。ですが、それはもっと自分達がはたらきやすいように会社を良くすることができる、もっとはたらくを楽しめるチャンスがある、ということだと思います。
discussion
どのようなことを意識してはたらいていますか?
IBS には、頑張りすぎる、責任感が強すぎる、周囲を気にしすぎる女性が多いと思います。会社は組織。自分だけで頑張りすぎず、素直に周りに助けを求める。
そして、ときには、あえて空気を読まないことも大切です(笑)
discussion
会社のことを考え、いつ子どもを産もうか産み時に悩みます。
前述したように、会社は組織です。なので、自分が抜けても大丈夫なもの。その時が来るまで思いっきり働いて、その時が来たら信頼できる仲間に任せる!それまでは、自分貯金をしておくことが一番大切ですよ。

参加者の声

  • 深く考えずに仕事や育児と向き合っていいんだ、という事が分かり安心しました。
  • はたらくママの話を聞くことができ、参考になりました。
  • 頑張りすぎないことが大切、ということに気づくことができました。
  • ママは大変、という印象がありましたが頑張れそうです。
  • キャリアを積みながらはたらいてる方から貴重なお話しを聞けてよかった!大変参考になりました!

女性として仕事と家庭・育児の両立に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを抱えている方も、これからの未来に対して不安を抱えている方も、参考になればと思っています。

TOP