TOP > 採用情報 > キャリア採用 > 社員紹介 > 社員紹介 冨岡 智之

MEMBER’S VOICE
社員紹介

あなたにとってはたらく楽しさとは?お客様からの「ありがとう」の言葉 冨岡 智之 ICTアウトソーシング事業 プロジェクトリーダー 2008年新卒入社
冨岡 智之

自ら志願し東京から大阪へ。ゼロからの立ち上げを経験し成長した自分がいる。

新卒入社3年後、震災を機に東京から大阪へ。

入社してからは、3年間1つのプロジェクトに従事していたのですが、2011年3月11日に東日本大震災が起こったことをきっかけにお客さまのBCP(事業継続計画)に基づき、大阪に業務が一部移管されることとなり、IBSも大阪支社を立ち上げ、対応することとなりました。大阪への異動は、チャレンジしたい人を募る形で決定しました。私は千葉県の出身で関東から出たことがなく、不安も大きかったのですが、支社やプロジェクトの立ち上げに関与できるのは、非常に貴重な経験になり、成長できるチャンスだと思い、志願しました。
実際、大阪に来てからは初めてのこと、慣れないことがとても多く苦労したのですが、東京では経験できないような幅広い業務を経験できたことや、お客さまとも近い距離で業務ができたことなど、今は大阪に異動してきて本当に良かったと思っています。

冨岡 智之

IBSの付加価値を考える。選ばれ続ける会社になるために必要なこと。

現在は、130名程度のPJTのリーダーを任されているのですが、一番やりがいを感じるときは目標を達成したときです。私たちの目標はお客様の目標であるべきなので、目標を達成できたときは、お客さまの目標も達成したということ。そのときに、お客さまからいただく感謝の言葉、メンバー一緒に「やった!」と思える瞬間をたくさん作っていくことが私の重要なミッションだと思っています。
そして、お客さまから選ばれ続ける会社になるためには、通常のサービスの品質を上げることはもちろん、私たちにしかできない付加価値を考えて提供していくことが大切です。なぜお客様は私たちのサービスを選んでくれているのか?これからも選んでいただくために必要な付加価値は何なのか?を常に考えています。

冨岡 智之
社員紹介トップへ戻る

システムデリバリーの募集要項はこちら

TOP