TOP > 採用情報 > キャリア採用 > 社員紹介 > 社員紹介 中原 崇陽

MEMBER’S VOICE
社員紹介

あなたにとってはたらく楽しさとは?未知への挑戦 中原 崇陽 システムソリューション事業 コンサルタント 2014年中途入社
中原 崇陽

試行錯誤することは「はたらく楽しさ」につながる

入社の決め手はPDCAサイクル

IBSは3社目。1社目では基盤系のエンジニア、2社目ではPMO業務に携わり、プロジェクトマネジメントの改善やサポート業務を担当してきました。
プロジェクトの運営課題を解決していき、プロジェクトを成功に導いていくことに非常にやりがいを感じていましたが、良いシステムをクライアントに提供し続けるには、個々のプロジェクトの改善だけでなく、プロジェクトに携わっている人の資質そのものを底上げをすること、そして組織全体でプロジェクトマネジメントの標準化と改善をしていくことが大切であると考え、そこで出会ったのがIBSです。
入社の決め手は、IBSでは社内の案件で標準化し、外部のPJTで通用するかを見極め、更に改善をしていくというPDCAサイクルができている、という所でした。実際にプロジェクトの運営だけでなく、社内の案件で標準化・改善をし、外販をしていくという成果を出しており、PDCAサイクルがしっかりと運用されている組織であった為、自分が求めていた環境であると感じました。

立場や役割にとらわれすぎず、やれる事はやってみる

入社後すぐのミッションは「新規案件受注のための提案書作成」。
未経験にも関わらずこの業務を任せてもらえることに驚いたと同時に、チャレンジさせてくれる風土に楽しさを感じました。当然、初めてのことばかりなので分からないことが多く、戸惑いもありましたが、「やれる事はやってみる」をモットーに、手さぐりながらも提案書の作成に取り組んでいます。そしてただ任されるのではなく、提案資料の作成方法までしっかりとレビューをしてくれる環境だからこそ、日々発見し成長を実感できているのだと思います。
今後は更に高みを目指せる組織になるために、メンバーやリーダーがより主体的に動ける組織づくりにも積極的に関与していきたいと思っています。

社員紹介トップへ戻る

コンサルタントの募集要項はこちら

TOP