TOP > 採用情報 > キャリア採用 > システムインテグレーション事業

TRAINEE SYSTEM
研修・キャリアステップ

システムインテグレーション事業

IBS の独自の人材育成プログラムにより、社員の成長を支援しています。
内定者から管理者にいたるまで、集合研修・e-learning等様々な形式での研修や、数十種類に渡る多種多数な研修を用意。個人のキャリアや強み、弱み、期待される役割に応じて、最適な研修制度を活用することで社員のキャリアを支援しています。

全員参加型・選抜型研修

入社時研修

会社のミッション、ビジョン、事業の方向性の理解を深めていただく研修です。

階層別研修(ビジネス)

社員のスキルやグレードに応じて、必要なビジネススキルを習得するための研修です。

階層別研修(テクニカル)

開発エンジニアに対し基礎能力を身に付ける研修で、集合型とワークショップによるIBSの開発標準に基づいたシステム開発を学ぶ研修です。

選抜研修

選抜研修には技術力を高める技術研修とマネジメント力を高めるプロジェクトマネジメント研修の2つの研修があります。
技術力を高める研修は、上位プロジェクトへの異動対象社員に対し、高度な技術を身につけられるような研修を実施し、成長機会を提供しています。
マネジメント力を高める研修は、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネジャーに対し、マネジメントスキル向上のための研修を実施しています。
※研修は一例です。時期によって異なります。

▼技術研修
▼プロジェクトマネジメント研修

▼キャリア開発研修自分の未来を考える研修として、過去を振り返ったり、将来について、そして自らの人生や「はたらく」についての考えを深め、社員が前向きに「はたらくを楽しむ」ための研修を実施しています。

任意型研修

「継続的かつ体系的な学習機会の提供」を目的とし、主に社員が講師となり、身につけたスキルを社員に共有します。
社員自ら研修の企画を持ち寄り、旬の技術情報や開発案件におけるビジネス推進のノウハウ等のコンテンツとなっています。社員は希望する研修をいくつでも受講することができます。

技術研修

CCNA等の実務に活かせる資格取得支援を、e-learning形式で積極的に展開しています。
定期的なオフィスでの集合研修だけでなく、社外でスマートフォンからも見ることができ、学習を総合的にサポートしています。ITアーキテクト研修では、システム開発に必要な高度な技術知識を習得することができます。

ビジネススキル研修

任意参加型の研修で「思考」「対人関係」「業務」「キャリア」の4分野で構成されています。
ロジカルシンキング・メンタルヘルス・コーピング等、通常ビジネススクールで開催している内容を、社内で展開しています。
プロジェクトの垣根を超えた仲間と共に受講し、異なる考え方に触れ、刺激を受けることもできる場です。

マネジメント研修

法務・労務知識、経営についての知識を習得できます。
今後マネジメントをやりたい、という社員は誰でも受講することができ、マネジメントに必要な知識を得ることができます。

キャリアステップ

コース

IBSでは14の専門コースがあります。システムソリューション事業の職種は7コースとなります。

運用保守やプラットフォーム、アプリ開発からスタートし、主にシステムソリューション事業内でのラインマネジメント(プロジェクトリーダー・プロジェクトマネジャー)や、ITアーキテクト、ITコンサルタントへのスペシャリストとしてのキャリアアップはもちろん、ITアウトソーシング・新エネルギー事業やセールスマーケティング事業等の多岐に渡るコースからキャリアアップすることができ、新たな成長機会を提供しています。

公募制度

IBSでは年に2回、「i-challenge」という公募制度があり、IBSの全ポジションで社員を募集しています。事業部の垣根を越えて、興味がある、やってみたいというプロジェクトや職種に自ら手をあげ、チャレンジすることができます。例えば所属プロジェクト以外で、より技術力が求められるプロジェクトや、これまでの経験や知識を生かした事業部門への異動も可能で、難易度の高い業務へチャレンジすることができます。
また、IBS では公募制度の他にも組織基点でその人の志向やキャリアに合わせた配属もあり、様々な形で社員の成長を支援しています。

TOP