TOP > ソリューション・サービス > システムソリューション > グローバルシステム開発・保守・運用 > オフショア/ニアショア開発

OFFSHORE / NEAR SHORE DEVELOPMENT
オフショア/ニアショア開発

グローバルチーム型プロジェクトマネジメントで

オフショアのメリットを最大化

お問い合わせはこちらから

資料ダウンロードはこちらから

IBSが構築した「グローバルチーム型プロジェクトマネジメント」によって、ニアショア・オフショアを
シームレスに連携し、低コスト高品質のシステム開発を実現します。

オフショア/ニアショア開発図

課 題活用したいがリスクも高いオフショア開発の課題

大規模プロジェクトでオフショアを活用したいというニーズはあっても、品質管理やコミュニケーションなどの面が不安だという声は少なくありません。また、すでにオフショアを活用している場合でも、人件費が高騰してきた中国などではコストメリットが見えにくくなっています。これらの課題を解決しつつオフショアを活用する方法が求められています。

解決策新しいオフショア活用の形「グローバルチーム型」

IBSがオフショアブリッジの新しい形として構築した「グローバルチーム型プロジェクトマネジメント」は、従来の受発注型オフショアではなく、IBS Global Bridgeがプロジェクトマネジメントの拠点となり、ベトナムなどIBS現地法人のエンジニアと一体となって1つのプロジェクトチームを構成することが特長です。時差の少ない東南アジア圏を拠点とし、英語を共通言語としたネットワークを通じてプロジェクトを組成するため、日本品質のマネジメントをアジアのエンジニア一人ひとりに徹底できます。従来のように日本語を前提としたブリッジSEではなく、むしろITスキルやビジネススキル、知的能力を中心に優秀なエンジニアを確保することが可能となります。

IBSなら新しいモデルと海外拠点でオフショア活用を促進

サービス活用の3つのメリット

メリット1
「グローバルチーム型プロジェクトマネジメント」という、ブリッジSEを必要としない新しいモデルによって、低コスト・短期間で高品質のシステム開発を実現します。
メリット2
IBS Global Bridgeにはすでに、グローバルチーム型マネジメントを推進するための方法論やノウハウが蓄積されており、要件定義から保守・運用までをカバーしています。
メリット3
IBSでは、ベトナムにグローバルチーム型プロジェクトマネジメントを行うための拠点を設置し、現地法人を通じて、アジアの最高レベルの教育を受けた優秀な人材を採用しています。

関連・オススメソリューション

WEBからのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせ
03-6385-6866
営業時間 9:00~18:00

TOP