TOP > ソリューション・サービス > システムソリューション > システム基盤設計・構築 > 運用管理ソリューション

OPERATION MANAGEMENT SOLUTION
運用管理ソリューション

コスト削減と生産性向上を同時に実現可能

ツールにより運用管理を最適化

お問い合わせはこちらから

資料ダウンロードはこちらから

システム監視やジョブ管理、インシデント管理などの運用業務に使用しているツールを見直し、運用管理業務の生産性向上と、ライセンス費用の低減を実現します。

課 題運用管理ツール見直しによる運用業務の改善

運用管理業務で使用するツールは、高額なライセンス費用が必要となるものが少なくありません。これらのツールを使用したとしても、運用の報告書は手作業という場合が多いのも実情です。目の前の業務に追われるばかりでは、作業ノウハウの蓄積も期待できず、生産性の向上を望むことはできません。さらに、定常作業に加えて突発的な障害対応などが日々発生するため、稼働時間も把握しづらい状況でしょう。
こうした運用管理業務の課題は、適切な運用管理ツールを活用と、運用業務そのものの見直しにより改善することが可能です。運用管理ソリューションは、運用業務の見直しからツールの選定、導入まで対応可能です。

解決策運用業務とツールの見直し、作業自動化で運用コストの適正化

運用管理業務の生産性を向上させ、コストを削減する手法のなかでも特にオープンソース(OSS)製品を活用する方法や、運用に使用するシステム間の連携を自動化させることによる手作業の削減を強みとしています。
運用管理業務の定常作業は最大限自動化して生産性を向上させ、障害(インシデント)対応などの非定常作業はノウハウの蓄積や活用、厳密なインシデント管理システムの活用により生産性を向上させることができます。
インシデント管理、ノウハウの蓄積、活用により、運用リソース配分の可視化を行い、リソースの最適配置を実現します。

IBSなら「Zabbix」などのツールの活用で、運用コストをより適正化

サービス活用の3つのメリット

メリット1
オープンソースの統合システム監視ソリューション「Zabbix」を既存のソリューションとリプレースすることで、高額なライセンス費用を削減することが可能です。
メリット2
インシデントの適切な記録とノウハウ化の促進を行うことにより、効率的な運用を実現します。さらに、システムのログ分析レポートの自動化によりシステムの弱点を把握します。
メリット3
運用業務で多く発生する手作業を自動化し、運用者を単純作業から開放します。運用者はシステムの改善業務に多くのリソースを割くことができるようになります。

関連・オススメソリューション

資料ダウンロード

WEBからのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせ
03-6385-6866
営業時間 9:00~18:00

TOP