TOP > ソリューション・サービス > システムソリューション > ITリノベーション(保守・運用) > システム基盤刷新

SYSTEM BASE REFORM
システム基盤刷新

特定メーカーや製品にとらわれないITインフラ刷新

保守・運用業務と維持管理コストを軽量化

お問い合わせはこちらから

資料ダウンロードはこちらから

拡張や追加を重ね、複雑怪奇な状態のITインフラがビジネス変化の速度についていけなくなっていませんか?
OSS活用も多用し柔軟で持続性のあるITインフラに刷新します。

システム基盤刷新図

課 題全体統制が取れない、「つぎはぎ」だらけの高コストインフラ

構成変更、追加、機能拡張を繰り返し、気づけば部分最適を積み上げた「つぎはぎ」だらけのインフラに…。ライセンスコストなどで保守・運用費用が高止まりし、拡張性も失われた結果、ITインフラが重石となり、ビジネス変化への対応スピードを落としていませんか?林立した類似機能を統合すべきと思っても、手のつけどころに悩むことも少なくありません。

解決策保守・運用業務観点からの全体俯瞰、OSSのフル活用でリノベーション

これまでのシステム保守・運用事業の知見実績を活かし、ITインフラを保守・運用業務観点から全体俯瞰で業務フローを再精査した後、生産性の高い保守・運用業務プロセスを再構築します。ベンダーロックインされ高額な商用ラインセンス費用が必要なITインフラを“よりオープンで軽量化された環境”へ、仮想化によりハードウェアリソースを圧縮することなどにより“時代に合わせてスピーディに拡張や変更が行える柔軟な環境”へ…。こうしたITリノベーションはもちろん、保守・運用コストの大幅な削減し経営からの期待にも応えます。

IBSならクラウド化やオープンソース活用により、保守・運用観点から最適化

サービス活用の3つのメリット

メリット1
どこのメーカーや製品にも依存はせず、さまざまな製品の中から最適な製品を選んで組み合わせ、最適なシステムを提供します。ベンダーロックインやライセンスコストにて高止まりしたITインフラコストも削減できます。
メリット2
保守・運用業務観点からのリノベーションを行い、ブラックボックス化したシステム、ビジネスプロセス、保守・運用業務プロセスを徹底的に可視化して、ビジネスの変化に合わせた拡張や変更などに強い、柔軟なITインフラを構築します。
メリット3
品質や製品サポートが向上し、クリティカルな環境下でも広く使われるようになったオープンソース製品に強みを持っています。仮想化集約、クラウド化に関しても多くの実績を持ち、TCO(維持管理総経費)を削減します。

資料ダウンロード

WEBからのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせ
03-6385-6866
営業時間 9:00~18:00

TOP