TOP > ソリューション・サービス > HITOソリューション > 人材ソリューション > 労務可視化ツール

 
労務可視化ツール

勤務「実態」の客観把握と、労務「実態」の可視化、で

企業も社員も、オフィス出社者も在宅勤務者も、安心してはたらけるための機能を提供

お問い合わせはこちらから

資料ダウンロードはこちらから

本製品は、PC操作ログから抽出した勤務実態のログと、勤怠システム上の勤怠データを自動マッチングし、差分を可視化し、アラートとしてお知らせする機能を備えています。
昨今社会問題となっている、長時間労働に対する勤務実態の把握、に対して有効なアプローチを提供します。

オプション機能として、「いつ、誰が、どこで、どんな仕事を」が可視化され、在宅勤務をはじめとしたテレワーク時の、労務管理の難しさを解消します。

romukashika01

課 題「実態」が見えていないこと自体が、企業にとって巨大なリスク

■ 勤務実態
殆どの企業で使われている勤怠管理システムは、あくまで社員の「自己申請」に基づく、勤務状況のデータです。
実態、とは差異がある可能性を否定することは出来ませんし、企業側が「実態を把握していなかった」では済まされない問題です。

■ 労務実態
労働人口の減少や、育児・介護問題を背景に、企業は多様なはたらき方を社員に提唱・提供をしていく必要あります。
しかし、「オフィスにいない人たちの労務管理をどう行う?」という大きな壁があり、多様な働き方の提供の妨げになっています。

解決策PCログは、あらゆる「実態」を記録しています

「労務可視化ツール」を導入いただくことで、勤務「実態」の客観把握と、労務「実態」の可視化が可能となります。

■ 機能の詳細(勤務実態)
・既存の勤怠システムと、本ツールで取得したPC操作ログの照合で、自動的(※)に差分を可視化。
・差分が大きい場合は人事担当へメール通知。
・人事は「実態」を把握することで、適切な課題解決への対策を取ることが可能に。
※自動差分抽出が不可能な勤怠システムもあります。

■ 機能の詳細(労務可視化)
・PCログから「いつ、どんな作業をしていた」を可視化。
・スマホに専用アプリを入れておくことで「どこで」も自動的に通知し、可視化。
・上司はテレワークしているメンバーの労務状況を把握出来、テレワーク側もちゃんと働いていることを証明出来る為、相互に安心感と生産性低下の抑止を提供出来ます。

romukashika02

IBSならワークスタイル・コンサルティングで「テレワークの導入・定着」もサポート

サービス活用の2つのメリット

メリット1
導入前の現状調査から、労務可視化ツールを活用したテレワーク時の適正なマネジメント体制構築まで導入・運用・定着をトータルでサポートいたします。
メリット2
複数社のテレワーク導入支援実績をはじめ、人事制度改定や業務プロセス設計の知識・スキル・ノウハウを持ったコンサルタントが、貴社のテレワーク導入・定着を支援いたします。

資料ダウンロード

WEBからのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせ
03-6385-6866
営業時間 9:00~18:00

TOP