システム障害の対応効率化やナレッジ共有にお悩みなら無料のインシデント管理ツール「temaheras(テマヘラス)」

運用現場が抱える課題 こんなお悩みはありませんか?ナレッジの共有が行われず、インシデント対応が属人化してしまっている類似タスクの対応履歴を確認できる術がなく、ヌケやモレが多い‥‥人員の稼働状況を定量的に把握し、管理したい日々発生するインシデントの進捗管理をもっと効率化したい

「temaheras(テマヘラス)」なら、システム開発・運用で発生した出来事をインシデント情報として記録し、効率的に管理!

「temaheras(テマヘラス)」3つの導入メリット

  1. 無料で導入いただけます

    「temaheras(テマヘラス)」は無償配布している管理ツール(※1)のため、コストを気にせずスモールスタートを実現できます。
    導入に必要な環境(OS、ミドルウェア等)は、既に構築した状態で配布(DVD)しますので、お客様はVMware(※2)のプラットフォーム上で同ファイルを展開するだけで、すぐに使う事ができます。

    ※1 導入支援、カスタマイズ、導入後サポートは別途お見積りにて承ります。お気軽にご相談ください。
    ※2 VMwareは、米国およびその他の国におけるVMware,Inc.の商標または登録商標です。

  2. インシデント管理の自動化とナレッジ共有が可能です

    障害が発生すると運用管理者さま宛てにメールを送信。インシデントの詳細把握から、「temaheras」画面上での担当者の割り当て、対応策の登録および閲覧まで、ワークフローにより復旧措置まで一元管理が可能です。ナレッジの蓄積できるため、属人化による業務の滞りを防止できます。

  3. 障害対応の迅速化が可能です。

    蓄積された過去のインシデントから類似のインシデントを検索することで、解決の高速化を図れます。

資料ダウンロード/お問い合わせはこちら

「temaheras(テマヘラス)」で現場はこう変わります!

スムーズなインシデント管理と対応の標準化を実現!複数管理業務の一元化
ナレッジの蓄積と活用状況の見える化
インシデントやタスク進捗の見える化
ワークフローにそった進捗管理で業務の効率化
対応人員ごとのタスク対応量の見える化

対応監視システム

  • zabbix (API経由でのインシデント取り込みが可能)
  • hinemos
    上記監視システムは、初期状態ですぐにご利用可能です。
    他の監視システムでも、メールでアラートを発報できる場合や、「temaheras(テマヘラス)」に付属するプログラムが監視システムで実行可能な場合には連携が可能です。

資料ダウンロード/お問い合わせフォーム

」は必須項目です。