営業時間 月〜金 9:00〜18:00

クラウドPOSレジで業務効率化と売上アップを支援するPOS+

お電話でもお気軽にお問い合わせください[営業時間] 月〜金 9:00〜18:00
豊洲本社 03-6386-8276
関西支社 06-7176-3316
【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/01/06 コラム

POSシステムを導入しよう

POSシステムが搭載されているレジを導入する際の選び方のポイントとは!?

POSシステムが導入されているレジでは機能が豊富に搭載されているので、レジ一台でお店に有益な情報を知ることができ、さらに、マーケティングなどに活用することができます。そのため、数多くの店舗では恩恵を得るために積極的に導入をしています。しかし、現在では様々な種類の製品が販売されているため、お店の開業予定者や、お店の運営者で買い替えを検討されている方の中にはどのような製品がお店にふさわしいのかわからない方も少なくないでしょう。製品の選び方にはポイントがあるので、ポイントを見てから購入を検討されてみてはいかがでしょうか。 選び方のポイントとして挙げられるのが機能性になります。基本的に数多くの機能が搭載されていますが、お店それぞれによって使いたい機能は異なるでしょう。例えばグラフ形式でお店の売上を知りたい方やお客様単価を知りたいところもあるでしょう。当然製品によって機能は異なります。お店の経営者の中には多くの機能が搭載されているレジを購入したいと思われている方もいますが、機能が多すぎると導入する際に多くの予算が必要になるほか、機能が豊富にありすぎることで使い方がわからないなどのトラブルが発生するケースも珍しくないでしょう。機能に関してはできるだけお店が使用する機能が搭載されており、普段使用しない余分な機能がなるべく少ないものを選択されてみてはいかがでしょうか。 その他の選び方のコツとしては操作性になります。例えば操作性が悪いものを選択すると当然ではありますがスタッフが使いにくいと感じるため通常業務に支障をきたす可能性も少なくないでしょう。通常業務に支障があればお店の利益が低下し、従業員から不満が発生する可能性も少なくありません。なるべく製品を選ぶ際には運営者だけでなく、スタッフが使いやすいものを選択することが求められるでしょう。例えば現在ではレジ端末だけでなく、タブレット型の製品なども販売されています。タブレット型の製品を導入すればスマートフォンを操作するかのように売上データが見れ、レジ作業を行うことができます。現在では大学生などの若い世代だけでなく、中年層でもスマートフォンを所有してメールやアプリケーションで楽しんでいる方も少なくないので、そのようなレジを導入すれば操作性が高いものを取り入れられるところもあります。また、外国人スタッフが働いているお店では言語に関しても考慮する必要があるでしょう。日本においても大学で学んでいる留学生は少なくありません。留学生の中には社会勉強をするためにアルバイトなどをお店でしているところも少なくありません。もし導入したPOSシステムのレジが多言語に対応していないと日本語を流暢に話すことができない外国人スタッフはレジ作業を効率的に行うことができないでしょう。製品の中にはなるべく多くのスタッフに対応するために多言語機能や多通貨機能などを搭載しているPOSシステムのレジもあるので、日本で営業する方だけでなく、海外進出する方にも対応してくれるしょう。

POSシステムにはどのような機能があるの?

では一般的なPOSシステムにはどのような機能が搭載されているのでしょうか。例えばバーコードリーダーなどで商品の読み取りを行うことができる機能です。これによって従来のレジで発生していた金額の打ち間違いのトラブルなどを回避できる可能性が高くなります。 当然ではありますが、POSシステムにはリアルタイムで売上データを把握できる機能も搭載されています。一目でどのぐらいの売上があるのかを知ることができるので、お店の運営者は売上を把握してもし少ないのであればお客様の呼び込みなどを行うことができるでしょう。 また、製品の中には売上アップのためのヒントを教えてくれるPOSシステムもあります。これによって売上の向上を期待することができるでしょう。また、基本的に一つの店舗だけでなく、複数の店舗のデータを確認することができるので、多店舗展開しているお店の経営者にも対応してくれるでしょう。

資料をダウンロードしよう

POSシステムのレジを販売してくれる業者ではホームページから資料をダウンロードできるようにしてくれています。これによってどのような機能が搭載されているのかなどを事前に把握することができるので、製品選びの参考になるでしょう。 基本的には業者では電話からのお問い合わせ、お問い合わせフォームからの相談を受け付けてくれます。事前に相談をすることによって導入の際の課題などを話し、それに対応できる製品かを知ることができるので、お店にふさわしい製品を導入できる可能性が高くなっています。 もし複数社で迷われた場合、資料や相談内容に対する業者の回答をしっかりと見比べてどこを選択すればいいのか照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

[ トップへ戻る ]