営業時間 月〜金 9:00〜18:00

クラウドPOSレジで業務効率化と売上アップを支援するPOS+

お電話でもお気軽にお問い合わせください[営業時間] 月〜金 9:00〜18:00
豊洲本社 03-6386-8276
関西支社 06-7176-3316
【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/01/12 コラム

POSレジとの連動で経営を助けるアプリを導入

アプリを導入する

さまざまな商品やサービスを提供する商店では、日々の売り上げを安定させるとともに、業績も伸ばし続けなければなりません。そのための方法は店舗ごとに異なりますが、基本的には客層に合わせた適切な商品やサービスを把握し、それらを無駄なく提供する効率の良さが求められます。そのための方法として利用されているのがPOSレジです。日々の業務から蓄積される情報を元に、売り上げを伸ばす方法を考えていきます。そのためには優れたシステムの導入も求められますが、最近はタブレットなどで使われるアプリが注目されています。 POSレジというと、バーコードリーダーで値段などを読み取ったり、伝票を元に清算を行ったりといった作業が思い浮かびますが、最近のPOSシステムは、追加で他の情報を入力できて、さらに情報同士をひもづけることができるなど、複雑で膨大なデータを扱うようになってきています。そうした情報を従来のシステムで管理するのは非常に困難なため、近年ではPCとつなげて情報が管理されるようになってきており、アプリを使用したシステム構築も、より多くのデータを簡単に管理するために導入されています。 アプリを使ったPOSレジは、今まで独自の規格を使っていたハンディ端末を一般に普及しているタブレットに変えることで、簡単に作業を行えるようにしたり、より多くの情報を分かりやすく管理できるようにしたりと、作業の効率化に大きく貢献してくれます。更にネット回線を利用してリアルタイムでデータをまとめることにより、より正確なデータを入手でき、今後の売り上げアップのための戦略も練りやすくなっています。そのほかにも注目しておきたい点はたくさんあるので、これからの業績アップのためにも、アプリを使ったPOSシステムの導入を検討してみてください。

作業の効率化にもつながる

かつては代金を計算するだけだったレジも、バーコードの導入により、商品名や価格などを一度に確認できるようになりました。現在も情報を読み取るためのPOSレジは多くの店舗に導入されていますが、昔のように限られた情報だけではなく、はるかに膨大で複雑な情報を集めることができるように進化し、新たにタブレット端末で使えるアプリを活用したシステムも使われるようになってきています。大手店舗だけでなく、個人店でも人気を集めるようになってきているそうですが、アプリを導入することはどういった効果が期待できるのでしょうか。 基本的にPOSレジを含めたPOSシステムは、作業の効率化に効果を発揮します。かつては手入力が必要だった清算業務も、バーコードが導入されてからはリーダーで読み込むだけで間違いなく計算できるようになり、今までよりもはるかに効率化がなされるようになりましたが、タブレットが導入されたことで、今までは専用端末が必要だった注文などの作業も、普段使っているアプリと同じ感覚で行えるようになり、ネット回線でつながれたことで、各種情報をまとめて管理したり共有できるようにもなり、簡単に作業が行えるようになったおかげで、作業のミスも今まで以上に発見しやすくなりました。 作業が効率化すると、一つの業務にかける時間が短くなり、その間に発生する費用を削減することができるようになります。新しいPOSシステムは様々な形で役立ってくれるので、POSレジを使用したり、更新したりする機会があるという方は、ぜひこの機会にタブレットアプリを導入してみるといいでしょう。

使いやすさが重要

POSレジが本格的に使われるようになったのは、バーコードが導入されるようになってからの話で、作業の効率化と得られる情報の増加に伴い、それらをまとめて管理できるシステムが重宝されるようになりました。最近ではPOSシステムも大きく進化し、今まで以上に膨大で複雑な情報を管理する必要が出てきているので、タブレット端末を使ったアプリが新たなPOSシステムとして導入されるようになりました。特に注目したい点がその使いやすさで、今までとは違う形で作業の効率化を促すことができます。 従来のPOSシステムと比べて、タブレット端末用アプリが注目されている理由が、社員教育が簡単に済むという点です。今までのPOSレジの場合、特に飲食店では多くのお客の注文を処理する必要があるため、どうしても専用の端末での作業が必要だったのですが、専用端末の使用方法を指導する必要があり、その時間がスタッフ不足を引き起こす要因にもなっていました。ところがタブレットアプリが使えると、普段使っているスマホやタブレットと同じ感覚で使えるので、社員教育が今まで以上にスムーズに行われ、業務につける人材をすぐに育てられるようになったのです。 タブレットのアプリを使ったPOSレジは、現在多くの店舗が採用しています。最近では特定のシステムを制限したり、追加したりすることで、飲食店や美容室といった、特定の業種に対応したアプリを開発するなど、より使いやすいシステムが人気を集めるようになってきています。いまだに古いPOSレジを使っているのであれば、この機会にアプリを導入して、事業の効率化を目指してみてください。きっといい成果が得られるはずです。

[ トップへ戻る ]